かわせみが歩く参勤交代の写真集は四年前から撮り始め、加賀金沢から江戸までをつなげましたが、資料が少なく間違いが多いと思います。が、笑って見ていただき、いろいろ教えて下さい。


あさもやに光る千曲川・参勤交代は一日平均四十キロ歩いたといわれています。
もう出発かもしれませんね。



御来光をとりたくて走っていたのですが、
これという所にたどりつけませんでした。
ストロボで桜の色をかろうじて
少し出しました。



大田切峠に向かって登っていると、
妙高山が右に。



北国街道の名があると嬉しいです。


大田切り峠にある、殿様清水。




妙高村関山小学校十文字分校
の文字がかろうじて読めました。



例年だと葉桜なのですが、
今年は山に雪が多く、
桜もピッタシ満開でした。


下道中絵巻のコピーは禁止です。



牟礼から平手に向かう峠にある道しるべの
三本松


善光寺平を見渡せる丘の上にのぼると、
日本の国鳥がつがいでいました。
メスはどこにいるでしょう。



田子池です。


土蔵造りの建物です。


善光寺宿の本陣は、
現在ホテルになっていました。



善光寺山門


善光寺本堂
善光寺宿ではお参りする人が多く、
外出を制限して旅人とのトラブルが
ないように藩が気をくばっていました。



建物の価値が分かります。
移築してありました。



珍しい磁器の宿場の看板


犀川の常夜灯は、今も灯っていると思い、夕暮れ時まで待っていましたが残念でした。
(壊れたまま修理されていませんでした。)
昔、旅人が夜でも川を渡れるように、両岸に建っていたそうです。現在は右岸だけです。





寄り道・川中島です。




藤屋旅館
女将が、ガラスを綺麗に拭いていました。
古い旅館だが清潔感漂うので、
一度泊まってみたいと思っていたら、
翌年は壊され新しい建物に。 残念!!







戸倉の芭蕉句碑
名月や 児達ならぶ 堂乃掾 
芭蕉


造り酒屋の建物でしたが、
博物館と蕎麦屋さんです。
竹久夢二の作品も多く展示されています。
蕎麦は私好みで美味。



すべて夢二の作品で、他にもあります。






千曲公園から見た夜景です。






加賀公が庭を借りた場所を、
現在も大切に守って、
管理されている律儀な御宅の庭を、
拝見させていただきました。





思い出のある車なのでしょうか、
動かなくなっても、
ナンバーもそのままで駐車していました。





参勤交代の北国街道を散策していて、
新しい道が沢山突き抜け、交差し、
大名行列の道が分からなくなることが多く、
このみちしるべを見て嬉しくなりました。

上田宿は土蔵造りの建物が多く残り、枡形の面影や袖梲・格子・屋根瓦など楽しめ、
清い伏流水を飲めるようになっているのが嬉しい。
(街道からそれますが、おやきのおいしい店もあります。)













加賀の飛脚達が建てたという馬頭観音は、
馬、牛の供養と旅の安全を願ったものです。





神川
昔は、加賀川といわれていました。





海野宿は宿場の原風景が唯一残っています。


宿の入口にある枡形は、
飛び道具を阻止するためのものです。



宿場は本来街道の中央に用水が流れていました。なぜでしょう、答えは写真の中にあります。
私も勉強したのですが分かりませんで、地元の方に教えていただきました。



海野宿に残る本陣の棟門です。
身分の高い人が宿泊する本陣は、
棟門か冠木門を
備えていなければなりませんでした。




格子が美しいですね。


馬の塩舐め石です。